図書館システム図鑑 » 図書館システムとは

図書館システムとは

公開日:|最終更新日時:

図書館システムとは、そもそもどんなものを指すのか、その定義は以下です。

(1)複数の図書館が,サービス機能の拡大と充実を図るために有機的な協力関係を結んで作り上げた全体組織のこと,またはこうした有機的な協力関係を有する図書館群のこと.通常は各図書館が機能的な役割分担をしている場合を指す.設置者の異なる独立した図書館間で形成される場合や,単一の自治体や大学などの中で複数の図書館が役割分担を行う場合にも,図書館システムという.

(2)図書館における業務の効率化やサービスの高度化を目的に導入されるコンピュータシステムのこと.特定の業務専用ではなく,資料の受入,貸出返却,資料の検索など図書館の業務全般に対応するシステムのみを指す場合もある.汎用のデータベース管理システム(DBMS)を利用して構築されているものが多い.図書館システムの導入により図書館業務の効率化がはかられたほか,ウェブOPACや図書の予約なども可能となった.

ここでは、そんな図書館システムの基礎知識をまとめています。

図書館システムの費用相場

規模や機能によって導入費用は4桁から数百万、それ以上まで様々。ここでは小中規模用の図書館システムについて参考費用を掲載しました。見積もりの参考に使ってください。

無料・フリーの図書管理システムの精度

予算が厳しいと検討したくなる無料の図書館システム。 「WebLib」「蔵書管理 Professional」「りぶりぶ」などがそれにあたります。

どんなものがあるのか、その種類、システムやデメリットなどをまとめています。

図書館システム導入の流れ

図書館システムの導入は、システムの種類や施設の規模、予算などによって若干の違いはあるものの、基本的なポイントや流れを理解していれば、比較的容易に導入できます。

ここでは、一般的な図書館システムの導入から運用開始までの流れをステップごとにご紹介します。

図書館システムでできること

図書館システムを導入すると、貸出・返却をはじめ、様々な図書業務の効率化が叶います。

ここでは、図書業務の効率化に役立つ、図書館システムでできることについてご紹介します。

図書館システムにおけるオンプレミスとクラウドの違いとは

図書館システムは、システムパターンによって大きく2つの種類に分けられます。

自社内もしくはデータセンターのサーバーに情報をインストールする「オンプレミス型」と、ネットワークを介してシステムを利用する「クラウド型」。初めて導入する際には、どちらを選べばいいのか判断に迷うところでしょう。

それぞれのメリット・デメリットを紹介し、5つの観点から比較して違いを解説します。最適なシステム選びの参考にしてください。

図書館をコンピューター化するメリットとは

図書館をコンピューター化は、利用者・管理者それぞれにたくさんのメリットをもたらします。 利用者にとっての一番のメリットは、貸出・返却手続きが楽になることです。利用しやすさは利用頻度に直結するため、高い集客が期待できます。

一方、管理者にとっての最大のメリットは、なんといっても管理業務の簡略化です。 図書館システム導入によるメリットと、その恩恵をふまえた新しい図書館の活用方法などをご紹介します。

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。