図書館システム図鑑 » 昭和から令和へ 図書館システムのこれから » 図書館システムの歴史

図書館システムの歴史

公開日: |最終更新日時:

図書館システムの歴史を、年代ごとに振り返ります。

1960〜70年代

文字情報を扱うコンピューターが発売されたのがこの年代です。それにより、図書館が目録カードを作成する方法を研究し始めたと言います。

その研究が世界中で進んだことには、以下のような理由がありました。

図書が出版されると、その図書を購入した世界中の図書館は、ほぼ同じような目録カードを作成する。100館 の図書館があれば、100人の目録担当者が目録カードを作成する。目録規則に従って目録作業が行われるため、誰が作成しても殆ど 同じ目録になる。もし、最初の目録担当者が最初の1枚を作成し、それを共有できれば、残りの99人は目録作業が効率化される。

引用元:黒澤公人の図書館システムの歴史と未来 https://kimito.stars.ne.jp/Libsys2019.html

1970年代も、アメリカ議会図書館によって目録データのフォーマットが確立されましたが、日本では、日本語辞書の構築に苦労している時代です。

蔵書管理システムというより、貸出システムとしての色が濃く、またハード自体がとても高価だったため、図書館システムはまだまだ普及というには程遠かったそうです。

1980〜90年代

1981年には筑波大学付属図書館が図書館員の手によって、本格的な図書館システムの構築に成功。

1984年には学術情報センター(現:国立情報学研究所)が誕生。その役割は以下ですが、当時は和書、洋書の共通フォーマットを開発、また全国の大学図書館を連携するためのネットワークを開発するなど、大学の図書館システムは大きな進化を遂げていきます。

大学共同利用機関として、学術情報ネットワーク(SINET5)をはじめ、学術コミュニティー全体の研究や教育活動に不可欠な学術情報基盤の構築・運用に取り組むとともに、学術コンテンツやサービスプラットフォームの提供などの事業を展開・発展させています。

引用元:国立情報学研究所 https://www.nii.ac.jp/about/

2000〜2010年代

インターネットが普及し、図書館システムもクラウド(SaaS型)が登場します。検索方法にも変化が生まれ、各図書館の図書の検索(OPAC)を遠隔から利用できるようにもなります。

ただし、ウイルス対策やセキュリティ対策など、新たな課題も生まれました。

とくに、2010年に起こった岡崎市立図書館のLibrahack事件では、図書館側のシステム(三菱電機製であった)の不具合が問題だったことが報道されると、多くの図書館も肝を冷やしたことでしょう。

図書館システムのこれから

電子書籍の発達は、図書館にも大きな変革をもたらします。図書館に所蔵できる限界がなくなる、物量による制約を受けなくなります。

しかし、その電子データのネット送信までもが認められるようになると、図書館という箱だけではなく、出版システムにも変化が求めらることでしょう。

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。