図書館システム図鑑 » 図書館システムとは » 無料・フリーの図書管理システムの精度

無料・フリーの図書管理システムの精度

公開日: |最終更新日時:

ネット上で配信されている無料・フリーの図書館システムについて調査しました。

最大の弱点はセキュリティ

無料の図書館システムは、機能面だけを評価すると「使える」ものも多く、予算がない図書館にとっては救世主的な存在です。

気をつけたいのは、そのセキュリティ面。

近年は学校や会社など、どこもネットワークのセキュリティが強化されています。そもそもセキュリティ的に使えないという可能性もあります。

セキュリティが弱いということは、ウイルスなどの脅威もあるので、自衛が必要になります。

そういった面をクリアできると思う場合には、導入を検討してもいいでしょう。

無料のシステムの中には、Amazonへの検索にPA-API(Product Advertising API)を利用しているものが多く、その場合2020年3月下旬よりAmazonアソシエイトの仕様が変更され、現在PA-APIを利用したAmazon検索ができなくなっており、プラグインを使う必要があるので、注意しましょう。

WebLib

用意するものはバーコードリーダー、バーコードラベル、保護ラベル、図書ラベル。作業方法は以下になります。

蔵書登録

利用者登録

蔵書管理 Professional

約2万冊を管理できる「蔵書管理 Professional」。

ダウンロードページに記載がある機能は以下です。

貸出管理&名簿管理

これまでの蔵書管理に加え,貸出管理と名簿管理が可能になりました。主な機能は次のとおりです。