図書館システム図鑑 » 図書館システムとは » 図書館システム導入の流れ

図書館システム導入の流れ

公開日: |最終更新日時:

図書館システムの導入は、システムの種類や、導入施設の規模、予算などによって異なります。しかし、いずれの場合も、ポイントや流れを押さえていれば、特別難しいものではありません。

ここでは、図書館システム導入の基本的な流れについて、順を追って紹介していきます。

運用までの流れについて

図書館システム自体は、パソコンにインストールすれば起動できます。しかし、実際に運用を開始するには、各図書館の運営計画に合わせた設定や登録、事前準備が必要です。

システムを導入する準備

図書館システムを導入するにあたっては、事前にシステムに登録する蔵書を選別しておく必要があります。

古かったり、破損したりしている蔵書の整理や廃棄を行っておかないと、不要な蔵書までデータ化され、無駄な作業となってしまうためです。

既存蔵書の選別ができたら、システムに登録する蔵書をデータ化しやすいように整理しましょう。

インストール

図書館システムの契約ができたら、まずはパソコンにシステムをインストールします。必要に応じ、バーコードリーダーやページプリンタなどの周辺機器も揃える必要があります。

運用スタイルに合わせて、複数のパソコンを同期させるという形も可能です。この場合、どのパソコンからでも同じデータベースを利用できるようになるため、規模の大きな図書館や、利用者数の多い図書館などで有効な活用法といえるでしょう。

環境設定

図書館運営のベースとなる重要なプロセスです。環境設定では、貸出冊数、期間などの基本的事項や、蔵書管理のルールを設定し、しっかりと確認する必要があります。

特に、蔵書管理については、システム導入前の台帳の取り扱いや関連付けがポイントです。図書館システム導入後の管理方法とあわせて、運営・運用にとってベストな方法をとるようにしましょう。

図書バーコード印刷

図書バーコードは、システムを経由して自前で印刷する方法と、印刷業者に外注する方法があります。

バーコード印刷前には、桁数や付番をよく検討することが大切です。特に、付番は将来的なシステム拡張の可能性を考慮して決めましょう。また、図書館システムでは、利用者バーコードも作成します。桁数は自由ですが、重複や誤認を避けるため、図書バーコードとは異なる桁数に設定するほうがよいでしょう。

装備

印刷した図書バーコードを、登録するすべての蔵書に貼り付けます。貼り付ける際は、なるべく同じ位置になるように意識しましょう。図書バーコードの位置が揃っていると、蔵書点検がスムーズに進められます。

一般的な貼り付け位置は、背表紙を左にして置いた状態で、右側と下側を2cmずつ空けた位置、あるいは下側から2cm空けた中央寄せです。

所蔵変更

図書バーコードの装備が完了した蔵書から順番に、図書館システムへデータを登録。蔵書の図書バーコード番号や所蔵場所などの情報を入力し、システム上の請求記号と蔵書の背ラベルを揃えます。

所蔵変更はシステム導入時に最も手間暇がかかる作業となるため、なるべく多くの人手を確保して行うとよいでしょう。

利用者データの準備

図書館の利用者をシステムに登録します。学校図書館の場合は、学籍名簿や職員名簿などからデータを取り込むと便利です。取り込んだデータをもとに、利用者バーコードを作成します。個人のほか、クラス貸出用、相互貸借用などのバーコードも準備しておくとよいでしょう。

公共図書館の場合は、学校図書館と違い各種名簿がないケースが多いため、利用申込書を使って、随時利用者データを取得していくのもひとつの方法です。

開館準備

図書館システムの最終チェックを行います。システムの操作確認や利用者台帳印刷など、図書館運営に関わるすべての事項を確認しましょう。

特に、毎日稼働する貸出・返却など対人的な業務に関わるシステム操作については、事前シミュレーションをしておくと安心です。

開館

いよいよ図書館システムの運用を開始します。運用当初はシステムに不具合が発生していないかを確認しながら業務を進めていきましょう。

問題なくシステムが稼働していることが確認できれば、図書委員の児童・生徒による貸出・返却も可能です。

まとめ

図書館システムの導入には、ある程度の準備期間が必要ですが、特別な知識や技術を持ち合わせていなくても、簡単に導入可能です。

図書館システムの導入は、貸出・返却、蔵書検索などがスムーズになることはもちろん、図書管理全体の効率アップも期待できるでしょう。

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。