図書館システム図鑑 » 図書館システムとは » 図書館システムにおけるオンプレミスとクラウドの違いとは

図書館システムにおけるオンプレミスとクラウドの違いとは

公開日: |最終更新日時:

図書館では、選書や収集、図書整理や蔵書データ分析、蔵書点検など様々な業務が行われています。これらの膨大な業務を効率化する図書館システムには、オンプレミス型とクラウド型の2つのシステムパターンが存在します。

オンプレミスとクラウドにはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、それぞれのシステムのメリットやデメリット、両者の性能や操作性の違いなどを網羅的に紹介していきます。

オンプレミスとは

オンプレミスとは、自社内もしくはデータセンターのサーバーに情報システムをインストールして利用する形態を指します。基本的にオンプレミスは非公開または利用者限定のサービスにおいて利用されます。

オンプレミスは、具体的には自社でのみ使用する業務システムや機密情報を扱うシステム、メールサーバーやWeb会議システム、個人情報を取り扱うシステムなどを利用する際に導入されます。

メリット

オンプレミスの最大のメリットは自由度が高く、自社のサービスに合わせて自在にカスタマイズできる点です。ハードウェアからソフトウェアまで、自社でシステムを占有できるため、画一的でない自由なシステムを構築できます。

デメリット

オンプレミスのデメリットは、初期費用が高くなる点が挙げられます。システムが複雑になるほど対応に時間やコストがかかり、変化に合わせて新しい機能を導入する必要性やセキュリティにも配慮する必要があります。総じて維持に労力がかかるため対応できる人員も必要になるます。したがってクラウドに比べてオンプレミスは、人件費を含めてシステム維持などにかかる運用コストが膨らむ傾向があります。

クラウドとは

クラウドとは、クラウドベンダーが用意したシステムをネットワークを介して利用するサービスであり、有料のサービスや無料のサービスがあります。サーバーやパッケージソフトなどを自社で保有しないので手軽に利用できる特徴があります。操作性も高く利用しやすいため、ITスキルがそれほど高くない方でも利用しやすいものが大半だと言えます。

身近な例としてGメールやGoogleドライブ、Yahooメール、ワードプレスなどもクラウドサービスに含まれます。

メリット

クラウドは自社でシステムを用意する必要がないため、初期費用が安く済む特徴があります。不具合などの対応や仕様の変化もシステム側が行うため、管理の手間を省けるメリットもあります。

デメリット

クラウドのデメリットは、インフラ全体がベンダーの管理下にあることから、ユーザー側は直接管理できない点があります。

カスタマイズに限界がある点やシステム内の情報をベンダーに公開せざるをえない点、利用できない機能があるなど、オンプレミスと比べて全体的に自由度が低い点が挙げられます。

どこが違うのか

オンプレミスとクラウドは具体的にどこが違うのでしょうか。ここでは導入時におけるコストの違いや運用の際の違い、操作性やセキュリティなど両システムの代表的な違いを紹介していきます。

初期費用

初期費用は、多くの場合オンプレミスは割高になる一方で、クラウドは比較的安く抑えることができます。

具体的には、オンプレミスはサーバー機器や回線、ソフトウェアライセンス、設定費用などのコストがかかり、金額として数百万円以上かかるのが通常です。サービス料金は一般的に月額であり、固定費で計上されるため予算化しやすいメリットがあります。

一方クラウドサービスはサーバー機器の購入は不要であり初期費用をほとんどかけることなく利用できます。一般的にクラウドサービスの料金は月額制ですが、使用する量で変動するため月によっては高くなる場合もあります。

ランニングコスト

オンプレミスのランニングコストですが、サービス料金は一般的に月額制となっています。固定費で計上されるため予算化しやすいメリットがあります。しかしメンテナンスやセキュリティなど、利用開始した後にも適宜コストが発生します。

クラウドの利用料金は月額制が一般的ですが、多くのシステムでは使用する量で変動する従量制を採っています。そのため、月によってはランニングコストが高くなる場合もあります。ただしシステム管理はクラウドベンダーが行うため、利用料金以外のランニングコストは安く抑えることができます。

導入までの期間

オンプレミスでは、システムを導入するにあたりサーバー機器や回線、各種ソフトウェアを自社で用意する必要があります。そのため調達から導入までに相応の時間がかかるのが一般的です。ビジネスで利用するのであればできるだけ早い段階で必要なものを用意して、準備に時間をかける必要があるでしょう。

クラウドの場合は、システムを申し込み決済が終わればすぐに導入することが可能です。オンプレミスと比べて機動性が高く、導入決定から早い段階で導入することができます。

カスタマイズ性

オンプレミスは、システムの管理を自社が担っているためカスタマイズ性は高く、自社のサービスの内容に沿ったシステムを構築できます。基本的に利用できないサービスはなく、自由度はかなり高くなります。

一方でクラウドは、ベンダーがシステムの管理を担っているためカスタマイズ性は低く、中には利用できないサービスもあります。自社でシステムを占有できないため自由度は大きく損なわれます。

セキュリティ

オンプレミスの場合、セキュリティに関する責任は自社が負うのが一般的です。サーバーやファイアウォール、侵入検知システムといったセキュリティ機器類は全て自ら用意する必要があります。

また、セキュリティ対策の一環であるOSやミドルウェアのバージョンアップもユーザー自ら行わなければなりません。したがってセキュリティ対策に手間がかかる特徴があります。

クラウドサービスでは、基本的なセキュリティ機能は開発ベンダーから提供されます。基本的にユーザー企業がソフトウェアに対するセキュリティ対策を取る必要はなく、クラウド自体のセキュリティは開発ベンダー側が責任を負います。ただし、クラウドで取り扱うユーザーデータやID、パスワード、クライアントデータなどはユーザー側が責任を負うため、これらの情報セキュリティはユーザー自身が行う必要があるので注意が必要です。

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。