図書館システム図鑑 » 図書館システム・会社一覧 » BABEL【タイムインターメディア】

BABEL【タイムインターメディア】

公開日: |最終更新日時:

株式会社タイムインターメディアが提供する図書館システム・BABELをご紹介します。クラウド型のメリットを最大限に活用できるシステムであり、大規模な図書館でも導入実績も。このページでは、システムの特徴や導入事例などについてまとめています。

BABELの特徴・基礎情報

クラウドのメリットを最大限に生かす図書館システム

BABELはクラウド型で提供される図書館システムです。指定URLからログイン可能なので、分館の間で本の予約やほんの貸し出し、返却作業が完結します。さらに、サーバー保管や管理、買い替えといったコストが削減できるのもクラウド型ならではのメリットです。

幅広い規模に対応可能

自治体の図書館はもちろん、小中高等学校や大学まで幅広い規模の図書館に導入可能な点もBABELの特徴です。クラウド型だからこそ、スピーディーに蔵書データを構築可能。また、キャンパスが増えた時にもスムーズに対応できるため、長く使うことを考えてもメリットがあるといえるでしょう。

導入形式 クラウド
費用 要問合せ

BABELを
導入している図書館

国士舘大学図書館・情報メディアセンター など

参照元HP:タイムインターメディア公式HPhttps://www.timedia.co.jp/service/edu/babel/

BABELを
導入している図書館の事例

国士舘大学図書館・情報メディアセンター

蔵書数は85万冊。学生数14,000名、教員数300名。本館と分館(2館)のすべての業務をBABELに移行することにより、完全にクラウド化しています。

参照元HP:タイムインターメディア公式HPhttps://www.timedia.co.jp/service/edu/babel/

図書館種別ごとに見る
導入数の多い図書館システムとは

BABELを開発した
タイムインターメディアとは

株式会社タイムインターメディアは1998年4月に設立された会社です。システムインテグレーション、教育機関向けICTソリューションを手がけており、さまざまなITに関するニーズに応え続けています。メンバーの8割以上が技術者という、いわゆる「技術者集団」であり、高い技術力が同社の大きな強みといえるでしょう。

会社名 株式会社タイムインターメディア
本社所在地 東京都新宿区四谷坂町12-22
電話番号 03-5362-9009
受付時間 平日10:00~19:00

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。