図書館システム図鑑 » 図書館システム・会社一覧 » 探調Tool【岡山OEC】

探調Tool【岡山OEC】

公開日: |最終更新日時:

「探調TOOL」は、岡山のOEC株式会社が、1998年にリリースした学校図書館システム。小学校低学年のユーザーを想定した、大きな字でひらがなの多いインターフェイスが特徴的です。

30日間無料体験版があるので、気になる方は試してみましょう。

探調TOOLの特徴・基礎情報

図書館の事情に
合わせたシステム

図書館の蔵書数や利用者数などの事情に合わせて、オンプレミス、クラウドなど、さまざまな形にカスタマイズしてシステムを提供しています。

子どもたちの達成感を
高める工夫

子どもたちが一定冊数の本を読むと、かわいい丹頂鶴(TOOLだけに!)のイラストが「目標達成 おめでとう」と祝う画面が出る設定や、読書通帳と連動した機能などがあるので、子どもたちの読書意欲を高めます。

導入形式 オンプレミス、クラウド
費用 要問合せ

探調TOOLを
導入している図書館

田園調布雙葉小学校/岡山大学教育学部附属小学校/座間市立図書館ほか

探調TOOLを
導入している図書館の事例

田園調布雙葉小学校

東京の私立・田園調布雙葉小学校の蔵書数は2万5000冊。全国の学校に先駆けて「読書通帳」を導入するなど、読書推進活動に積極的です。

2016年に「探調TOOL DX for SA」を導入、新しく受け入れた本の登録がとても簡単になりました。「最初、岡山と聞いてタイムラグを心配しましたが、サポートのレスポンスがよくて、全然距離感を感じません」と現場では好評です。

岡山大学教育学部附属小学校

岡山大学教育学部附属小学校の蔵書は1万3000冊。2006年から「探調TOOL」シリーズを導入していますが、2014年にフリーワード検索ができる「探調TOOL DX for SA」にシステムを切り替えました。

OPACから予約件数を確認できる機能がついているので、子どもたちの読書意欲をも高まり、学校図書館の利用が増えました。担当者は「独自キーワードを増やして、調べ学習などの充実につなげていきたい」とうれしそうでした。

図書館種別ごとに見る
導入数の多い図書館システムとは

探調TOOLを開発した
OECとは

1969年、受託計算センターとして創業したOEC株式会社。現在では天満屋グループ企業としてシステム開発や保守を行っています。

会社名 OEC株式会社
本社所在地 岡山市北区本町6番36号 第一セントラルビル3階
電話番号 086-227-1121
受付時間 記載なし

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。