図書館システム図鑑 » 図書館システム・会社一覧 » LibMax【ソフテック】

LibMax【ソフテック】

公開日: |最終更新日時:

ソフテックが提供する図書管理システム「LibMax(ライブマックス)」。1992年の発売以来、バージョンアップを重ね、全国1,700件以上の導入実績があります。とくに高等学校図書館の導入シェアは全国1位(2020年10月15日時点)。そのシェアは、全国の高校の20%を占めています。

参照元HP:ソフテック https://libmax.com/

LibMaxの特徴・基礎情報

オンプレミスから
クラウドまで対応

きめ細かなカスタマイズができるオンプレミス型の「LibMax(ライブマックス)」と、定額料金で利用できるクラウド型の「LibMaxクラウド」の2種類。

図書館の要望に応じて、柔軟に仕様を調整します。

ユーザーの声を機能に反映

ユーザーの「あったらいいな」というリクエストを機能に反映してバージョンアップしていくのがLibMaxの特徴のひとつ。

1992年の発売以来、ユーザーの声を反映して、機能の追加を繰り返しています。

ユーザーのための姿勢は、サポートにも表れており、「バリューパックサポート&バージョンアップ」を契約すると、電話・FAX・メール・リモートなどでの各種サポート、バージョンアップまで対応してくれます。

コストパフォーマンスの高いオプション

例えばLibMaxとセルフ貸出返却オプションを組み合わせることで、安価に自動貸出機の導入が可能。

その他、ICタグとゲートアンテナを組み合わせた不正持出し管理ゲートや読書通帳機などの多彩なオプションも、安価に構築・導入できるようです。

導入形式 オンプレミス、クラウド
費用 【オンプレミス】初期費用 350,000円/年間サポート(バージョンアップ込み) 30,000円

LibMaxを導入している図書館

京都女子中学校・高等学校/北海道三笠市立図書館/株式会社講談社ほか

参照元HP:ソフテック https://libmax.com/results

LibMaxを
導入している図書館の事例

LibMaxを導入した人の声で多かったのが、サポートの充実。

どんなことでも電話で気軽に聞ける、わからないこともリモートや操作を代行してくれるので、初めて導入する企業なども安心できます。

事例では、学校・公共・専門・企業など、様々な種別の図書館が掲載されています。

京都女子中学校高等学校

京都女子中学校高等学校の蔵書数は12万冊(2020年時点)。京都府下でトップクラスの蔵書量を誇る中高一貫教育校です。LibMaxを導入して10年後の2020年、新たに「読書通帳機」を導入。「利用者が増えた」と現場では喜びの声が上がっています。

参照元HP:ソフテック https://libmax.com/results/kgs-ed

北海道三笠市立図書館

北海道三笠市立図書館はLibMaxを導入して14年。OPAC端末は利用者にも操作しやすい「ライブファインダー」のタッチパネル版です。「わからないことがあっても、電話やリモートサポートの他に、定期的な訪問メンテナンスがあるので安心」と好評です。

参照元HP:ソフテック  https://libmax.com/results/mikasa

株式会社講談社

日本を代表する出版社・講談社。自社の出版物を保管・利用するために社内の資料センター・図書館があります。その蔵書管理を、オリジナルのシステムからLibMaxへ切り替えました。

導入後はMARCが利用できるようになり、手作業だった登録作業が大幅に効率化されたそうです。

参照元HP:ソフテック https://libmax.com/results/kodansha

図書館種別ごとに見る
導入数の多い
図書館システムとは

LibMaxを開発した
ソフテックとは

ソフテックは、図書館システムの専門会社として29年。「LibMax(ライブマックス)」の他に、蔵書検索システム「ライブファインダー」や、NACSIS-CAT/ILLに対応の検索システム「キャットマックス」などで、図書館運営をサポートしています。

会社名 株式会社ソフテック
本社所在地 北海道札幌市西区発寒3条6-10-25 発寒3・6ビル3F
電話番号 011-669-3007
受付時間 平日 10:00~12:00、13:00~17:00(土日祝・年末年始を除く)

LibMaxの新着情報

  • 2022.01.17
    【WEBサイト】閲覧不具合解消のお知らせ
    現在、不具合は解消され、通常通りご覧になれます。
    大変ご不便をおかけいたしましたことをお詫びいたします。
  • 2022.01.04
    [Apache Log4j]脆弱性への対応について_③
    ①【LibFinder クラウド】→ 2021/12/29にライブラリのバージョンを<2.17.0 から最新の 2.17.1に更新>することで対策は完了いたしました。
  • 2022.01.01
    新年のご挨拶
    あけましておめでとうございます。
    旧年中は格別のお引き立てを賜り心よりお礼申し上げます。

※公式サイトの情報より抜粋

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。