図書館システム図鑑 » 大学図書館の運営課題 » 小規模 大学図書館の課題

小規模 大学図書館の課題

公開日: |最終更新日時:

小規模な大学図書館の定義

大学の規模については、大規模・中規模・小規模の3つにわけることができます。

大学の規模は主に収容定員の数によって定められており、小規模な大学とは「収容定員が4,000人未満」の大学となります。

そのような大学にある図書館が、小規模な大学図書館です。

大学図書館としての大まかな定義は、蔵書数 10万冊未満、職員数(業務端末数)5名以内の図書館です。

※参照元:旺文社教育情報センター https://eic.obunsha.co.jp/viewpoint/201602viewpoint/#:~:text=28年度~30年度,3つの規模に分ける。

小規模大学図書館の特徴

小規模大学図書館の大きな特徴は、蔵書の専門性の高さです。大規模大学のようにたくさんの学部や学科がないため、設置学部に特化した資料が集中的に収集されています。例えば、看護系の学部・学科に特化した図書や雑誌、また国家試験対策の資料などが、大学の学部や学科にあわせて置かれています。

大学自体が小規模なため、学生数が少なく、1キャンパス1~3学部から構成される場合が多いです。

学生数が1000名を下回る大学だと、大学自体の経営が思わしくないケースもあります。

図書館業務の特徴

職員数が少なく、職員全員が図書館のすべての業務を行います。
業務委託している図書館は少なく、正社員1~2名、アルバイト数名の構成が多いです。

正職員が図書館内の業務はもちろん、学内調整もすべて行います。

システム管理の特徴

大学規模が小さいため、連携する情シスの人数も少ないです。また学内の他システムの整備状況が遅れている場合があり、図書館とのシステム連携ができません。

司書が職員として業務をし、システムの運用もシンプルです。

図書館の関係者・関係部署が少ないため、学内調整が比較的容易に行えます。職員の余力があれば、自由に運用していけるのが魅力です。

小規模大学図書館システムの運営課題

小規模大学図書館では、まずは利用人数と貸出冊数の確保が優先されます。小規模大学図書館のシステムには、限られた学生人数のなか利用促進や利便性の向上が目指せる、データの収集が必要となります。

図書館業務の運営課題

少ない職員数で図書館のすべての業務を行う、小規模大学図書館の業務は多忙になりがちです。

システム管理の課題

大学の規模が小さいため、情シスにも人数が少なく、図書館のシステム面でのサポートを頼れません。
また、図書館職員は司書であり、必ずしもシステムに精通しているわけではないため、システムの運用管理には不安がある職員もいます。

小規模大学は関係者が少なく学内調整が容易な反面、そもそも学内の他システムの整備状況も遅れている場合も多く、システム連携をしたくても行えないことがあります。

システムを改善や、図書館の運営改善を行いたくても、予算獲得に苦戦する場合があります。

図書館システム移行で解決できる課題

職員数の少なさゆえに多忙を極める図書館職員。クラウド型の図書館システムを導入することで、システムに精通したベンダーに管理を任せられ、システム面での業務負荷を削減できます。

人手が足りない、手が回らないといった問題は、図書館システムベンダーからの情報提供や運用提案を受けることで、根本的な解決を目指せるかもしれません。

予算面では、少人数でも運営できるサポート体制・サービスを用意することで、システム運用全体でのコストダウンを図れます。

規模や課題によって大学図書館に求められる機能と役割。自館の「課題」と「ビジョン」とともに進化できる、変化に強い図書館システムを選びましょう。

ニーズに合った実績とサービスで選ぶ
大学図書館システム3選

種類別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。