図書館システム図鑑 » 図書館システム・会社一覧 » CASA【総合出版販売】

CASA【総合出版販売】

公開日: |最終更新日時:

CASAは、総合出版販売株式会社が開発した、学校図書館専用のアプリケーションソフト。

学校図書館研究の現場で培った経験から、煩雑な学校図書館業務をスムーズに行えるよう細やかなサポートをしています。

CASAの特徴・基礎情報

パソコンとLANがあれば
導入可能

「CASA」は「Computer Assisted School library Administrator」の略称。学校図書館資料管理システムです。初めてコンピュータを導入する学校でも、運用しやすい、わかりやすい操作画面を持っています。

データ入力の負担を軽減

各種MARCの取り込みの他に、生徒の氏名などをExcel入力したCSV形式データの取り込みにも対応。一括編集も可能なので、受け入れた蔵書を一冊ずつ、手入力で登録する必要がありません。

バーコード入力で
迅速なカウンター作業

カウンターでの貸出返却作業は、バーコードスキャナを使うので、非常に簡単です。利用者モードと管理者モードに切り替える設定ができるので、貸出返却作業を図書委員の子どもに任せても心配ありません。

導入形式 オンプレミス
費用 CASA オリジナルパック:165,500円、CASA サポートパック:198,000円(税込)

CASAを導入している図書館

北海道教育大学教育学部附属旭川小学校/早稲田実業学校初等部/神戸大学ほか914の学校に導入されています。(2020年11/01時点の情報と公式サイトには記載があります)

CASAを導入している
図書館の事例

具体的な導入事例は公式サイトに掲載されていませんでした。

図書館種別ごとに見る
導入数の多い図書館システムとは

CASAを開発した
総合出版販売とは

千葉県八街市に拠点を置く総合出版販売株式会社は、学校図書館研究を行ってきました。その経験を活かして、学校図書館運営を総合的にサポートするために開発されたのが、「CASA」シリーズです。現在では「CASA」のほかに、データ復旧機能を強化した「CASA plus」、インターネットを活用した「CASA WEB」なども開発されています。

会社名 総合出版販売株式会社
本社所在地 千葉県八街市上砂121-35
電話番号 043-440-5300
受付時間 公式サイトに記載なし

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。