図書館システム図鑑 » 図書館システム・会社一覧 » LXシリーズ【システムラボ】

LXシリーズ【システムラボ】

公開日: |最終更新日時:

専門図書館向けのシステム構築を得意とするシステムラボの図書館システムで、専門図書館向けの「LX4.0」、専門図書館向けのクラウドサービス「LX3.0SaaS」、中・高等学校向けのクラウドサービス「LX3.0School」の3種類があります。

LXシリーズの特徴・基礎情報

さまざまなニーズに
カスタマイズで対応

予算会計データとの連携や、暗号化通信、社内人事データとリアルタイム認証など、さまざまな要望に、きめ細かなカスタマイズで対応。導入から保守まで、システムに精通したSEが担当しています。

トラブル時も迅速にサポート

日本国内で開発を行っているので、サポートも開発スタッフが担当。迅速で的確なサポートを提供しています。

導入形式 オンプレミス、クラウド
費用 要問合せ

LXシリーズを
導入している図書館

ドイツ日本研究所/ライオン株式会社/目黒学院/多摩大学附属聖ヶ丘中学高等学校/シティユーワ法律事務所ほか

参照元HP:システムラボ http://www.libraryexpert.net/voice/index.html

LXシリーズを
導入している図書館の事例

ドイツ日本研究所

1988年、ドイツ連邦政府は、現代の日本を研究する学術研究機関として「ドイツ日本研究所」を設立。1999年、使い勝手がよくなかったアメリカ製の図書管理システムのドイツ版から、LXへの切り替えが行われました。「ドイツ語・日本語・英語の3ヵ国語で使える図書管理システムを」という難しい条件を、高度なカスタマイズでクリアしました。

参照元HP:システムラボ http://www.libraryexpert.net/voice/index.html

ライオン株式会社研究開発本部

ライオン株式会社は平井と小田原の研究所に書庫を持ち、図書・雑誌・文献・研究報告書など専門的な蔵書を保管しています。

研究員が貸出期限なしで本を借りることができるので、蔵書管理が煩雑でした。サーバの老朽化を機にアプリケーションソフトに切り替えましたが、使い勝手が悪く、「LX」が新しいソフトとして選ばれたとか。「SEがシステムに精通しているのでカスタマイズしやすい」と好評です。

参照元HP:システムラボ http://www.libraryexpert.net/voice/index.html

図書館種別ごとに見る
導入数の多い図書館システムとは

LXシリーズを開発した
システムラボとは

株式会社システムラボは、1982年に創業したパッケージソフトの企画開発・販売を行う企業。

現在、中・高等学校向けのクラウドサービス「LX3.0 School」が、販売代理店契約を交わした三省堂の営業力で、販路を拡大しています。

会社名 株式会社システムラボ
本社所在地 東京都北区田端6-1-1  田端アスカタワー 12階
電話番号 03-5809-0893
受付時間 記載なし

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。