図書館システム図鑑 » 図書館システム・会社一覧 » LibraryOne【ユーリンク】

LibraryOne【ユーリンク】

公開日: |最終更新日時:

ユーリンクが開発した図書館システム「LibraryOne」。高度な書誌データベースが特徴で、ラインナップは「学校版(標準システム)」「学校版(発注・予算管理)」「公共版」の3種類。

それぞれのシステムが学校や図書館関係者の声を反映する形で、バージョンアップを続けています。

LibraryOneの特徴・基礎情報

3種類の操作画面を用意

LibraryOneは、学校のイントラネットを利用して、本の貸出返却作業をサポートするシステムで、窓口用画面は3種類設定が可能。小学校低学年向けの動物柄、学生向けのシンプルな画面、スマートな一般向けの画面と、ユーザーに合わせて切り替えられます。

必要に応じてオプションで
機能追加

学校向けのLibraryOneは、蔵書管理と貸出返却管理ができる基本のシステムと別に、オプションとして、発注・受入・予算管理を行う専用システムがあります。本の購入予算が決まっていて、毎年一定以上の本を購入する学校図書館には必要なオプションです。

専門図書館に向いた公共版

公共版のLibraryOneは、OPACを装備したイントラネットワーク型の図書館システム。シンプルな構造で、他の図書館との相互貸借を必要としない私設の専門図書館や、博物館の図書室などに向いています

導入形式 オンプレミス
費用 要問合せ

LibraryOneを
導入している図書館

具体的な事例が公式サイトに掲載されていませんでした。

図書館種別ごとに見る
導入数の多い図書館システムとは

LibraryOneを
開発したユーリンクとは

図書館用のシステム開発設計や、コンサルティングなどの形で、図書館業務と関わってきた会社です。「LibraryOne」は、図書館の蔵書管理や運営業務に精通したスタッフが、各図書館の規模や運営状況に合わせて、コンサルティングと並行してシステム導入を進めていきます。

会社名 有限会社ユーリンク
本社所在地 大阪府大阪市淀川区西中島5-9-6 新大阪サンアールビル本館608号
電話番号 06-6305-7086
受付時間 記載なし

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。