図書館システム図鑑 » 図書館システム・会社一覧 » ネオシリウス【NJC】

ネオシリウス【NJC】

公開日: |最終更新日時:

「ネオシリウス」は NJC(日本事務器)が提供する大学図書館情報システム。導入する大学の事情に合わせて「ネオシリウス」と「ネオシリウスクラウド」の2種類から選ぶことができます。

ネオシリウスの
特徴・基礎情報

大規模な蔵書管理向き

ネオシリウスはオンプレミス型の図書館システム。UHF型RFIDタグによる蔵書管理や自動書庫システムなど、膨大な蔵書を管理するシステムが必要な、大規模な大学図書館向けのソリューションです。

サーバ管理が不要なものも

「ネオシリウスクラウド」は、クラウド型の図書館システム。4か国語に対応し、クイックサーチ機能がついたOPACが特徴。サーバの運営管理のわずらわしさがなく、司書がレファレンス業務に専念できるのがメリットです。

導入形式 オンプレミス、クラウド
費用 要問合せ

ネオシリウスを
導入している図書館

獨協大学図書館/名古屋外国語大学・名古屋学芸大学図書館/国立音楽大学ほか

ネオシリウスを
導入している図書館の事例

獨協大学図書館

2007年にリニューアルした獨協大学図書館は、自動書庫システムを使って膨大な蔵書を管理しています。

「蔵書検索だけでなく、予約や購入依頼もオンラインでできるサービスを」という要望が強く「ネオシリウス」を導入。学生がOPACからオンライン請求すると、自動書庫システムで本が見つけ出され、カウンターまで自動的に本が運ばれてくるシステムを構築

司書の貸出業務の負担は減り、レファレンス業務に注力できるようになりました。

名古屋外国語大学・
名古屋学芸大学図書館

名古屋外国語大学・名古屋学芸大学図書館は、2つの大学の学生が共用する図書館。

2013年の情報システム更新を機に、サーバ管理型の図書館システムからクラウド型の図書館システム「ネオシリウスクラウド」に切り替えました。

司書はサーバ運用のわずらわしさから解放され、学生の研究をサポートする資料の提供や、Webからの情報発信などに力を注ぐことができるようになりました。「本来の司書としての業務に専念できる」と好評です。

図書館種別ごとに見る
導入数の多い図書館システムとは

ネオシリウスを
開発したNJCとは

1924年に創業したNJC(日本事務器)は、タイムレコーダーをはじめとするオフィスの事務用機器から、OA、ソリューション開発へと事業を拡張してきました。現在は、文教・公共ソリューションと医療系・ソリューションの開発・サポートに力を入れています。

会社名 日本事務器株式会社
本社所在地 東京都渋谷区本町三丁目12番1号 住友不動産西新宿ビル6号館(受付11F)
電話番号 03-3292-1511
受付時間 9:00~17:30

ネオシリウスの新着情報

  • 2021年06月11日 お知らせ
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の弊社での感染者発生と対応について
    この度、新たに弊社首都圏支社(東京都渋谷区)に勤務する従業員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。当該従業員の最終出社日は、6月8日(火)となっております。
  • 2021年05月12日
    【復旧のお知らせ】弊社注文フォームの不具合に関しまして
    本日(5月12日(水))7時00分頃より、以下弊社注文フォームがシステム不具合により停止しておりましたが、10時00分頃にシステム不具合が改善され復旧いたしました。
  • 2021年05月02日
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の弊社での感染者発生と対応について
    この度、新たに弊社関東信越支社(埼玉県さいたま市)に勤務する従業員1名が、5月1日(土)に新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

※公式サイトの情報より抜粋

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。