図書館システム図鑑 » 図書館システム・会社一覧 » LINUS【日本電子計算株式会社】

LINUS【日本電子計算株式会社】

公開日: |最終更新日時:

日本電子計算株式会社が提供する公共図書館システム「LINUS」は、図書館サービスの向上や図書館間の情報ネットワークによる資料の有効活用化、図書館業務の効率化などを目的として開発されたシステムです。図書館の業務を多角的にサポートすることにより、職員の負担を軽減します。

LINUSの特徴・基礎情報

使いやすさを追求したシステム

LINUSは、利用者の使いやすさを重視して設計されたシステムです。Windows環境による画面展開により、複数の業務を並行して処理することが可能な設計となっています。さらに、カウンタにおける操作性を向上させるため、マウスを使わずにキーボードのみですべての処理を可能にしている点もポイント。もちろんマウス操作も可能です。

また、検索機能を充実させている点、高速なレスポンスが可能な点など、業務を迅速化する工夫を随所に盛り込んでいます。インターネットによる蔵書検索や予約、メールマガジン発行に加え、取次店のシステムと連携した資料の検索機能も搭載しています。

ICタグによる効率の良い図書館業務

1枚のICタグを本に貼ることにより、複数冊の貸し出し・返却業務を同時に行えるようになるため、迅速な業務を実現できます。さらに、高次元での盗難防止策としても有効ですし、蔵書検索の効率も向上させることができますので、蔵書の点検作業期間の短縮や、職員にかかる作業負担を大幅に軽減できます。

また、迅速な蔵書検索が可能なことで、利用者の満足度もあげられるでしょう。

学校図書館との連携も可能

LINUSは、小中学校向けの図書館システムとして「LINUS/JR」を利用可能です。

メリットとしては、学校図書館のネットワーク化にも対応していることから、学校間で資料の相互利用も可能となる点。それぞれが所有している資料を有効活用することが可能です。また、学校間だけではなく、学校図書館と公立図書館の間のネットワークに対応している点も同システムの特徴といえるでしょう。

ネットワークを利用せず、学校単独でも導入することもできます。

導入形式 オンプレミス/クラウド
費用 要問い合わせ

LINUSを
導入している図書館

具体的な導入事例は公式HPに掲載されていませんでした。

図書館種別ごとに見る
導入数の多い図書館システムとは

LINUSを開発した
日本電子計算株式会社とは

1962年の創業以来、公共分野のほか、金融、大学、教育など幅広い分野でITサービスを提供してきた企業です。「お客様とともに、ITで新たな価値を創造する」というビジョンを掲げ、人に優しい社会の実現を目座したサービスを提供し続けています。

会社名 日本電子計算株式会社
本社所在地 東京都千代田区九段南一丁目3番1号
電話番号 03-5210-0131(総務部)
受付時間 要問い合わせ

種別から探す図書館システム

所属している図書館をクリックしてください。
種別ごとに、導入数が多い図書館システムを2つ以上掲載しています。

全研本社株式会社のHPキャプチャ

当サイトは、全研本社株式会社が制作・運営しています。
サイトに掲載されている情報は、公式サイトなどの一次情報から集めており、その参照元や引用元はすべてリンクを貼っております。
リンクや内容の誤り、情報の更新などがございましたら、運営者情報ページのお問い合わせフォームよりお送りください。